FC2ブログ
地図を読む。
地形図の濃淡
地図を見るではなく「読ん」でみる。地図を読むには、少し知識が必要である。
 ・登山地図の縮尺を確かめる。(1/25,000、1/50,000)
 ・地図は等高線と各種記号や線で記してある。
 ・等高度線は、1/25,000地形図では10m間隔で、1/50,000登山地図では20m間隔。
 ・地図の上が真北(しんぽく)である。
 ・磁石の指す北は、「磁北」といい、関東近辺では真北から7度西にずれている。(地図に記されています。)
 ・上から光が当たっているように地形がわかるように濃淡をつけてある。これくらい知っていれば少しは読めるであろう。
次に少し詳しく説明する。
ピーク(山頂)と尾根
最初に探してほしいのが山頂である。山頂(ピーク)は等高線が閉塞しているので▲など印をつけてみる。次に尾根をなぞっていくと地形がはっきりしてくる。谷に線を入れるとわからなくなるので書かない。(練習時のみ記入)字や等高線が細かいので近くで見てしまうので、あえて少し離して見てみると影になる部分が見えてくるだろう。地図の見方がわかったら次は読み方の説明である。手元に実際の地図と1円玉を1枚用意してもらおう。
1円玉利用法
上の絵は左が1/25,000地形図、右が1/50,000の登山地図である。
 ・最初に磁北線を適当にひく。
1円玉は直径が2センチメートルであることを利用して説明する。1/25000地形図では1円玉の直径がちょうど500mである。また、1円の周囲は約6.33cmなので約1600m(1マイル)。ルートに沿って転がすと何周回るかによっておおよその距離がわかる。図中にあるように平地500m歩くのに15分、登りは「倍」の30分、下りは「3割増」の20分、のように計算できる。個人差やパーティーなどの要因により変化することは承知していてほしい。また、傾斜角度も「1円玉に隠れた等高線の本数」がおおまかな傾斜角になる。ここまで知ると、少しは地図を読めるようになっているであろう。後は慣れであ。なかなか判りづらいこともある。たとえばピークのように閉鎖されているところが山中の池であったりすることがある。その場合は色付けしてある場合が多い。さて、地図を見ながら登る地形と時間軸が明確になってくるであろう。計画するには登山地図に書いてある時間をうのみにしていたころと比べて格段に進歩したとおもう。前日までの計画が登山で大いに役立ち、余裕ができて楽しい登山がでるるであろう。登山計画書の書き方を次回は説明する。計画書書式は登山届・下山届と一緒になったものを作ってみた。両面印刷で使うように作った。PDFとエクセルでダウンロードできるようにしてあるので使いやすいほうで利用ОK。ただし著作権は放棄しませんので商用での再配布はおやめください。
スポンサーサイト





未分類 | 00:20:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する