FC2ブログ
甘利山、奥甘利山、千頭星山ピストン
甘利山 2014.6.142014/6/14 天侯晴れ、気温30度、風3mといった初夏を思わせる陽気である。朝7時半に自宅を出発。広河原Pまでひたすら走る。入口付近には「熊出没注意」の看板が掛けられている。入口から30分ほど狭くて急カーブの道を上がる。途中15台ほどの帰る車に遭遇した。早朝にもかかわらず降りてくる車には要注意である。途中、野猿の親子に遭遇。この山は猿が多いのは以前から知っているが車にもかなり慣れているのであろう。そうこうしながら駐車場付近に近付くと道端に駐車している車が多い。広河原は第一駐車場と第二駐車場があるが第一駐車場は満車の状態である。第二駐車場が少しあいてるとのことで行ってみたが、かなりの路駐。僅かに空いているスペースに止めざるを得ない状況だ。8時40分登り始める。甘利山の今は「れんげつつじ」が満開のピークを少し過ぎたあたりのような気がする。しかしこんもりとした山頂付近の丘はピンク一色でとてもきれいだ。山頂には数多くの写真家が「れんげつつじと富士山」を撮ろう自慢の高そうなカメラでシャッターを切っていた。それを横目にひたすら奥甘利山を目指す。なだらかな下り坂を過ぎると急傾斜ののぼりが待っている。登りきるとそこには奥甘利山山頂がある。ここには、ベンチもなく小さな道標だけである。数人が富士山と甘利山のピンクをカメラに収めている。それから先を急ぐことにする。ここからは少しなだらかなところが続く。降りきると北側に諏訪・塩尻が見えてくる。ここからまた急斜面で大西峰分岐まで一気に登る。頂上付近は見えているのだが坂はきつい。大西峰まで行くとあとはなだらかな尾根沿いを歩く、視界も開け所々で富士山が見える。今日は雲が少なくて富士山も全体が見える。15分ほど楽に歩くと最後の坂がまっている。さほど傾斜はなく、左手に富士山をみながら登る。5分ほど登りきるとそこは千頭星山の山頂である。そこから10分ほど先にいき急な下り坂になる前の左側の森にはいっていくと展望が開け薬師岳が見える。本日はここで折り返すことにする。途中大西峰手前の笹畑で昼食のおにぎりをほおばる。昼食を終えると帰路につき午後2時に帰宅する。次は「しゃくなげ」の多い山へと登る予定である。
スポンサーサイト





未分類 | 18:46:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する