FC2ブログ
相馬での農薬散布
薬剤散布(相馬)
阪神淡路大震災の前日のことを書いてみたが、震災つながりで古い写真を探した。これは写真の日付のとおり1983,年6月15日の早朝、相馬の海岸で整備士が撮ってくれたもので、松くい虫の駆除のための散布である。ここは東日本大震災で跡形もなく消えたところである。奥の背の高い松の散布を終えヘリポート近辺の若い松を散布しているのだが、日が高く上がると海岸ということで風も出てくる。当然高度を低くしてまかなければならない。
ところで災害大国なんてテレビや国の代表とあろうものが口にしているが、自慢したりするものではない。数万人が巻き込まれ、亡くなっているのに防災会議とやらを開いて海外へ技術を売り込んでいるのは疑問である。原発事故の後始末もできてないのに原発の技術を売りにすること事態おかしいことである。攻撃的な政策で皆が豊かになるというのは、数字的に国が豊かになったと錯覚するだけで格差社会は悪くなる一方である。アベノミクスという言葉を歴史に刻みたいだけなのではと思うのである。
スポンサーサイト





未分類 | 15:32:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する