FC2ブログ
波状雲
波状雲
昨年(2014年)の10月10日の夕焼けである。この日は各地で広範囲にこの波状雲が見られたようである。地震雲などと書いて投稿した人も多かったであろう。しかし地震は起こらなかった。これはいろんな説があるが地形の影響や上空の大気の動き(乱れ)で海の波のようなでき方をしたものである。飛行している者は、なるべく近づきたくないところである。この写真の中央に線が見えるがファイターか旅客機が通ったか、その上空で飛行機雲ができた影が映っているのかもしれない。この日は台風の接近でこのような波状雲ができたのであろう。地震といえば1995年1月16日に山梨から八尾、岡山までフライトした日のことである。午前7時に離陸し一路大阪八尾空港へ向かい9時に到着。燃料を補給し天候をチェックし午前10時に岡山へ離陸した。その日は夕方、西から天気が崩れてくるという予報だったが昼間の予報としては飛行には問題ないと判断していた。ところが2時の離陸予定が3時に遅れたのである。岡山はVMC(有視界飛行状態)ぎりぎりで離陸し、荒天に追いかけられながらのフライト。山沿いは雪のため雲が低く雪で視界も悪かった。500FTで瀬戸内海を飛行することになった。明石までようやくたどり着いた。なんと神戸、大阪だけはポッカリ晴れていた。周りは京都、大津、関ケ原までは雪だった。大津を超えられなければ神戸ヘリポート泊の予定と副操縦士に話していた。とりあえずチャレンジしてみた。大津の高圧線を超えるのがやっとのことだったが何とか超えることができた。農薬散布の経験が生きた。そこを過ぎると琵琶湖を低く飛び、関ケ原までも気が抜けない状況(雪で前が見えない状況)だった。関ケ原を過ぎると名古屋は快晴。そこからは平穏に山梨へとたどり着いたのである。翌日、出社したら大パニック。ご存じのとおりの震災であった。お客様からお礼の電話を頂戴したのであった。昔の写真を見つけたので懐かしくなり書いてみた。
スポンサーサイト





未分類 | 14:11:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する