FC2ブログ
雲ができるまで
雲のできるまで
登山しても周りが雲で全く見えなかったことは経験していることと思う。そこである程度予測できないかを考えてみる。
基本的なことであるが、まず雲ができる原因について説明する。難しい説明は省き、空気の流れから説明する。上の図のように代表的な雲ができる原因には4つほどある。
①暖かい湿った空気と冷たい空気がぶつかる場合。(寒冷型と温暖型がある)
②日射により地上の温度が上った場合。
③風が強いとき、風下側で乱流となる場合。
④地形により強制的に上昇させられた場合。などがある。細かいことは図をみてほしい。
雲ができるには、「核(かく)」が必要である。浮遊している塵などがないと雲や霧は発生しない。
温められた空気は、上昇しながら体積が増えていく。ある高さに達すると、その空気は保湿する限界がくる。俗にいう結露である。この状態になると核をもとに水分が付着し、そこにあたる太陽光の乱反射により白く見えるのである。まれに虹のような雲(彩雲)が現れることがある。
彩雲
雲のでき方、見え方はこれくらいにして。私は、フライトの際、これからできるであろう雲の高さを求め、飛行計画を立てるときの材料として利用してきた。簡単な式で地上気温と露点温度から概略求めることができる。
地上からの雲のできる高さ(雲底の高さ)m=(気温-露点温度)×125で求めることができる。以下の図を見てほしい。
雲高を求める
これを何に使うかというと、自分の登る山のどの高さに雲が出るかの予想はつく。行く山の近くの観測施設でのデータが必要となる。気象庁のホームページには1時間ごとのデータが出ているので参考にして算出してみるとよい。楽しく思い出に残る登山の判断材料としてのちょっとした知識として知っていてほしい。


スポンサーサイト





未分類 | 16:08:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する