FC2ブログ
空気の循環
気象の学者のような数式を使った説明は、たぶん山に登る者にとってはそれほど必要とされないことかもしれない。私も以前は空を飛ぶ仕事についていた。複雑な機構をもったヘリコプターでの仕事で気象には随分苦しめられた。天気予報はあくまで地上の計算上のものであり実際の自然現象とは異なるものだ。ただ航空法上、機長は必ず気象情報で飛行可能か判断しなければならないと義務付けられている。飛んでしまったら全責任は自分にあるのである。山登りは楽しく登るものであり、そのために事前に少しだけ自然の気ままな変化を予想しておくことは非常に重要なことである。ひょっとしたら生死を分けるかもしれない。ここでは誰もかたらない基本中の基本を綴ることにする。下図は大気を簡単に表現したも。
空気の循環
【空気】 これがいろいろな現象をもたらす素(もと)となるものである。空気のないところでは、なにかのガスが存在すれば気象現象に近い対流がおこる。
【自転】 地球が自転することによりいろんな力がはたらく。空気も摩擦や回転のの影響をうけるのである。
【太陽】 太陽の光が地球表面を不均一に温める。
【水】 単に水と書いたが氷や雪の個体も水とし、この空気に含まれる水蒸気の量が関係する。
【地形】 山もあれば平野、都会、海もあり、温まりやすいところや温まりにくい所と変化に富む。
ここでは簡単に説明する。空気は自転により地上の摩擦で引きずられ動く。海と陸の動きが対流をもたらす。また地表が太陽の光で温められ、膨らみ上昇していく。すると上昇したところに周りより冷たい空気が入り込み対流が起こる。いわゆる循環が起こるのである。ここに水蒸気が含まれた空気が山をかけあがったりすると雲ができるのである。また空気が上昇することにより気圧がさがることになり、周りより気圧の高い空気が流れる。気圧差ができるのである。これも自転の影響で回転しながら上昇したり下降したりするのである。これが低気圧と高気圧なのである。北半球では、温められた空気は反時計回りに上昇しながら回転し、下降する空気の塊(高気圧)は時計回りに回転しながら下りてくるのである。
さて、これで簡単な空気の対流についての説明は終わりにする。今日はここまで。
スポンサーサイト





未分類 | 23:48:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する