FC2ブログ
登山届(表)の書き方
登山届(表)
今日は、登山届(表)の書き方なのだ。
【登山前】
1 提出する日付。下に⑤入山日も書くのでどちらか書けばよい。
2 登山者名、団体であれば団体名。 例 ○△□登山会、なかよしクラブ ○○小学校○年○組など
3 連絡のとれる連絡先名称(名)、電話番号を記入
4 登山する山の名称や山域を記入。 例 鳳凰三山 北岳など
   登山形態は、山小屋泊周遊、日帰り登山など
5 入山日を記入。
6 下山予定日を記入。(必ず書くこと)
7 単独登山であれば書かなくてもよいが複数人の場合は、構成メンバーと役割を書く。
   より詳しく書いておくと怪我したときの治療の役に立つこともある。
8 裏面の概念図(ルート図)とだぶるが日帰りでも概略かいておく。
   例 赤岳山荘~行者小屋~地蔵の頭~赤岳~行者小屋~赤岳山荘
9 代替ルートを記載する。天侯悪化などの場合の別ルート(エスケープルート)。
下山届を切り離してポストや管理している所に提出すること。
【下山してきたら】
下山届の書き方(表)
青1 氏名、団体名と人数を書く。
青2 下山日を記入。 
登山届(裏)
登山届(裏)の書き方である。
メンバーが10名以上の場合は、裏面に5名まで書ける。
10 概念図(ルート図)を書く。ルートの載っている地図を貼り付けてもよし、単純に要所要所を線で結んだ絵でもよい。
11 食料、予備食、装備はもしもの場合(救助される)の重要な判断材料になるのでできるだけ記入する。
ここからは下山届(裏) 切り離して下山のとき記入してポストや管理しているところに提出。(強制ではない)
青③ 気づいた点、危ない所など後から登る人のためになるべく記入する。感想でもよい。
以上である。
様式は左の欄のリンクのところから自由にダウンロードできるのだ。
スポンサーサイト





未分類 | 16:53:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する