FC2ブログ
島根・鳥取珍道中
出雲大社
このゴールデンウィーク前半を使い島根、鳥取へと出かけてみた。高速道路は全く混んでなくスムーズに走行することができた。島根、鳥取はヘリコプターの仕事でよく来ていたが観光地とは遠いところでの作業で滞在期間も2~3日と言ったところなので観光というものはしてなかった。金曜の午後に出発し、宍道湖湖畔の旅館に着いたのが午後9時半だ。夕食を食べてなかったので近くの居酒屋に飛び込みラストオーダー間近でようやくありつけた。宿に戻ったのが11時。風呂に入り一日目が終了。翌日、早朝に松江城を見てきたが早すぎて入ることができず、城外からの見学となった。朝食は名物の「しじみの味噌汁」がでた。個人的には30年前のことだが磯の岩場についている貝や海藻を採ってきてすぐに作ってもらった「磯の香味噌汁」がとても美味しかったことを記憶している。それとこの島根の海が沖縄にも負けないほど綺麗であることも記憶にある。入り江上空を飛んでいると水深20mはあるのにかかわらず白い砂地が広がり沖縄と勘違いするほど綺麗である。ただし沖縄の海にはサメがいるがここ島根の海では見かけなかった。境港の水木しげる記念館を見学し、山陰の白い浜辺を見ながら鳥取へと移動。鳥取砂丘にもよったが、人が蟻のように砂丘に群がっている光景とラクダをみてすぐに移動。2日目の泊りはログハウス、食事は自炊(BBQ)である。そして夜が過ぎたのである。3日目は早朝から「天の橋立」へ。ここで遊覧船と思ったが先を急ぐので高速ボートにのり20分で橋立周遊をすませ帰路についた。何ともせわしい旅だが非常に充実していたのでそれほど疲れはしなかった。今回いけなかった姫路城は次にとっておく。これからも高速をつかって長距離移動の旅行をするうえで、後付できるセミ自動運転可能なオプションが欲しいところである。


スポンサーサイト



未分類 | 00:55:24 | トラックバック(0) | コメント(0)