FC2ブログ
自分の現在地を探す。- 地図準備編 -
地図に磁北線を引く
地図の使い方について簡単に説明する。地図は1/50000の登山地図と1/25000の地図を持つとよい。1/50000の地図だと時間やルートはわかるが、正確に現在地を知るには大雑把すぎて正確にはわからない。また携帯電話の圏外、電池切れやGPSの衛星がうまく捕まえられない場合で霧、雲、雪などで登山道がわからなくなったら1/25000の地図が役に立つ。使わなくても行くところの1/25000の地図は持っていくことをおすすめする。(ネットで国土地理院でプリントアウトすればよい。)まず、磁北線を数本引く。1/25000の縮尺で地図上1cmは250mであり、1/50000で1cmは500mである。磁北線を引くにも4cm毎(1000m毎)など引くとわかりやすい。ここで磁北(じほく)は場所により違うので磁石が示す北のことで、真北(しんぽく)は真の北(極)のこと。通常地図の上方は真北であり、日本は5.5~9度西にずれている(関東は約7°W)。次回はいよいよコンパスの使い方である。


スポンサーサイト



未分類 | 21:55:34 | トラックバック(0) | コメント(0)