FC2ブログ
自分の現在地を探す。- コンパス編 -
自分の現在地を探す。- コンパス使用編 -
 今回は、コンパスと地図(1/25000)で自分の位置を特定する。まず最初に1/50000の地図は1/25000の地図に比べかなり大雑把であるので1/25000をお勧めする。現在地を知る上でポイントがいくつかある。
①地図が読める。(山、谷、その他の記号がわかる)
②登る山が描かれている1/25000の地図を持っている。
③磁石(コンパス)を持っている。
④筆記用具(鉛筆)がある。
⑤迷う前に確実にわかるポイントの通過した時間(写真を撮っておくと時間が記録されているはずである。)がわかる。
 ①が一番のポイントである。登山地図は、色分けしてあり標高の高低がわかりやすく書いてあるので行く場所の地形の把握は事前に頭に入れておくことが肝心である。地図の読み方は、「自分の位置を探す」が終わってから解説することにする。たいてい道に迷ったらパニックになっているであろう。事前に地形が頭に入っていると次の行動が迅速に行えるであろう。やみくもに「どうしよう」を話し合っても時間の無駄である。「道に迷って遭難しかけている」ことを自覚して対処方法を練るのである。それから行動するのだ。
コンパスと地図と見てる地形を使って自分の現在地を特定するのである。救助を呼ぶにも「どのあたり」と概略言えると救助も早いかもしれない。森の中なら、比較的開けた地形が見渡せる場所まで移動する。山々、尾根や谷、川、人工構築物(橋、ガードレール、山小屋、家など)が見えたら地図を見て尾根や谷、川、池などの位置関係が迷った付近の地形が地図上のどの部分にあたるか検討をつける。その場合、コンパスをつかい磁北と地図の磁北を合わせ(地図の向きを変える)、自分がどの方向を向いているか確認する必要がある。今見ている風景(地形)の特徴が地図と一致するところを探す。ある程度めぼしがついたら目立つ「目標物1」を決める。その方向にスケールの矢印を合せる(図①)。次に方位盤を回して磁弱針の磁北(赤)に「N」を合せ(図②)、スケールの手前の度数を正確に読む(図③)。ここで注意だが間違えることがよくある(左にいくと度数が増えるので右から数えていくことは覚えておこう)。また1度づつもあれば2度づつ刻んでるものもある。さて、ようやく「第1の目標から」の方向がわかったので目標物からの方位で直線をひいておく。2点を取らないと確定しないので、第2の目標もなるべく90度付近の目標を探し、第1の目標と同じように「第2の目標物からの方位」を直線で引く。するとそれら2直線の交点が現在地付近であることが予想される。さらにそれに加えて⑤の、目印から何分歩いたかで行動半径がわかる(登り1km/時間(15m/分)、下り1.5km/時間(25m/分))。これでだいたい何分歩いたかで計算できる。確実にわかっている地点から歩いた距離で円弧を描く。うまく合えば3線がかさなるであろうところが現在地である。
交点を求める
ほかに、どうしても目標物が1つしかとれない場合がある。このときは高度計があると自分の位置をおおよそ特定できる。ある目標物からの反方位がわかっていて、高度計から標高(m)がわかっている場合は地図の等高線と目標からの反方位線の交点が自分の位置であることがわかる。また、もうひとつの方法として高度計、地図と通過点の時刻と歩いた時間から割り出す方法がある。いろいろ試してみてはどうだろう。
地図、高度計、時間で現在地を知る。




スポンサーサイト



未分類 | 00:25:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
自分の現在地を探す。- 地図準備編 -
地図に磁北線を引く
地図の使い方について簡単に説明する。地図は1/50000の登山地図と1/25000の地図を持つとよい。1/50000の地図だと時間やルートはわかるが、正確に現在地を知るには大雑把すぎて正確にはわからない。また携帯電話の圏外、電池切れやGPSの衛星がうまく捕まえられない場合で霧、雲、雪などで登山道がわからなくなったら1/25000の地図が役に立つ。使わなくても行くところの1/25000の地図は持っていくことをおすすめする。(ネットで国土地理院でプリントアウトすればよい。)まず、磁北線を数本引く。1/25000の縮尺で地図上1cmは250mであり、1/50000で1cmは500mである。磁北線を引くにも4cm毎(1000m毎)など引くとわかりやすい。ここで磁北(じほく)は場所により違うので磁石が示す北のことで、真北(しんぽく)は真の北(極)のこと。通常地図の上方は真北であり、日本は5.5~9度西にずれている(関東は約7°W)。次回はいよいよコンパスの使い方である。


未分類 | 21:55:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
地図をもってない?
どっちに行けばどこにつく?
登山ベテラン3名と初めての山に行った時の話である。登山歴も長いベテラン女性なのだが「地図をもってない。」というのである。当日、天気の良い日でも前日荒れた天侯の場合は、山も荒れていることを承知して登山しなければならない。登山道が整備されている所ならよいが、人もまばらなところは要注意である。増水や倒木で登山道がわからなくなっていることがある。私にもそのような経験がある。怪しい「けもの道」に迷い込んだのである。途中「鹿のふんや猿のふん」などがたくさんあることに気づき引き返したのがよかった。無事に正規のルートにもどり登山を続けられた。それからこんなこともよくある話だ。初めての山で道がわからず、先導する集団の後についていく場合などである。特にひどいのが中高年向けの登山ツアーの話である。どんなガイドをするのか興味本位で最後尾について行ったことがある。15人くらいの集団と家族4人パーティーで、下山途中、道を間違えたのは承知していた。正規のルートは150mほど離れたところを並行しているのを確認していた。やはり「けもの道」を登山道と間違えて歩いていたのである。20分ほど歩き急に道がなくなった。ガイドが「道がありません。どうしましょう?」とパニクってるのである。あたりは夕方で暗くなりつつある森の中。ライトも付けず、しかも軽装。晩秋で寒い。日没時間が迫っている。メンバーは全員初心者。電話は通じない。明らかに初期の遭難状態である。そのガイドから道を聞かれたので「正規の登山道は150mほど離れたところに虎ロープが張られているところ」と答えた。ガイドも道もないところは初めてらしく困っていたので、日没時間も迫っていたので先導し正規の登山道にもどった。あとでガイドに聞くと「ここは初めての山でした。」というのである。それにもビックリ。観光旅行気分で登ったのであろう。恐ろしいことだ。登山ツアーも多すぎる集団も怖いものだと痛感した。ツアーでも個々で準備をしていくのが大切である。「ひとまかせ」はダメなのである。結構、このような感じで気楽にお出かけしている人も多いのではないかと思うのだが…。ひとり登山が多い経験をもとに次回は軽登山の準備から楽しくトレッキングするための準備やポイントをわかりやすく綴っていくことにする。

未分類 | 10:44:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
甘利山、奥甘利山、千頭星山ピストン
甘利山 2014.6.142014/6/14 天侯晴れ、気温30度、風3mといった初夏を思わせる陽気である。朝7時半に自宅を出発。広河原Pまでひたすら走る。入口付近には「熊出没注意」の看板が掛けられている。入口から30分ほど狭くて急カーブの道を上がる。途中15台ほどの帰る車に遭遇した。早朝にもかかわらず降りてくる車には要注意である。途中、野猿の親子に遭遇。この山は猿が多いのは以前から知っているが車にもかなり慣れているのであろう。そうこうしながら駐車場付近に近付くと道端に駐車している車が多い。広河原は第一駐車場と第二駐車場があるが第一駐車場は満車の状態である。第二駐車場が少しあいてるとのことで行ってみたが、かなりの路駐。僅かに空いているスペースに止めざるを得ない状況だ。8時40分登り始める。甘利山の今は「れんげつつじ」が満開のピークを少し過ぎたあたりのような気がする。しかしこんもりとした山頂付近の丘はピンク一色でとてもきれいだ。山頂には数多くの写真家が「れんげつつじと富士山」を撮ろう自慢の高そうなカメラでシャッターを切っていた。それを横目にひたすら奥甘利山を目指す。なだらかな下り坂を過ぎると急傾斜ののぼりが待っている。登りきるとそこには奥甘利山山頂がある。ここには、ベンチもなく小さな道標だけである。数人が富士山と甘利山のピンクをカメラに収めている。それから先を急ぐことにする。ここからは少しなだらかなところが続く。降りきると北側に諏訪・塩尻が見えてくる。ここからまた急斜面で大西峰分岐まで一気に登る。頂上付近は見えているのだが坂はきつい。大西峰まで行くとあとはなだらかな尾根沿いを歩く、視界も開け所々で富士山が見える。今日は雲が少なくて富士山も全体が見える。15分ほど楽に歩くと最後の坂がまっている。さほど傾斜はなく、左手に富士山をみながら登る。5分ほど登りきるとそこは千頭星山の山頂である。そこから10分ほど先にいき急な下り坂になる前の左側の森にはいっていくと展望が開け薬師岳が見える。本日はここで折り返すことにする。途中大西峰手前の笹畑で昼食のおにぎりをほおばる。昼食を終えると帰路につき午後2時に帰宅する。次は「しゃくなげ」の多い山へと登る予定である。


未分類 | 18:46:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
曲岳・黒富士・升形山へ
6/5大雨雷注意報がでている曇り空の中、晴れ男たる所以で黒富士へとでかけた。ここだけの話、晴れ男、雨男は確実にいる。私の晴れ男には理由がある。入念に2日前から天気情報を調べ、出かける寸前に雨雲レーダーなどで調べて何時間後に雨が降るかを判断して出かけるかやめにするか決めているので、出かけるときは殆どが傘いらず。降ったとしても小雨でとどまる。まっこんな理由である。しかしながら友人のひとりに雨男がいるのは確かだ。5月の連休を避け、野郎3人、中旬に大阪方面へ出かけたときのことである。車での移動のため代わり交代で運転をしていくのだが、私が運転しているときは、晴天や最悪でも曇りなのに、ひとりの友人に変わったとたん季節外れの雪が降ってきたのである。「ありえん」の一言で一同大笑い。道中は晴天に恵まれ絶好の行楽日和となったが、またもや帰りに交代したとたん関ヶ原付近で再び「雪」となり「雨男」たる人の存在があらわになったのである。それはいいとして、今回は、観音峠を越え瑞牆山方面へ10分ほど走った山側に黒富士登山道入口と記されている杭がある駐車スペースにはいる。車が5~6台しか入らないようなところなのでシーズンはきれいに入れてほしいところである。さて登山開始、ゆっくりとした登り傾斜を15分ほど歩くと「八丁峠」である。ここを中心に升形山(1650)、黒富士(1633)、曲岳(1642)とピストンするのであるが、ゆっくりまわって全行程3時間半ほどである。曲岳は、最後の15分が急斜面で「四つん這い」で登らなければならないがそれほどきついものでもない。
ここは小学生にも十分楽しめるところだある。結局雨は降らなかった。次はたぶん何度でも登りたい金峰山かも。

未分類 | 15:54:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
今シーズン三度目の山登り
先日の6月1日(日)に大弛峠までの道路が冬季閉鎖が解かれ開通したこともあって金峰山へ行こうと悩んでいたが、結局お昼近くになり近くの太刀山岡山(たちおかやま)に登ることにした。この太刀岡山は日本武尊が山頂に太刀を埋めたと伝えられることからその名前がついたようだ。ここはロッククライマーたちの練習場所となっているようである。工程的には登り1時間30分、下りは1時間ほどで下山できるお手軽コースではあるが登りは急傾斜でなかなかきつい。頂上は祠と山名と標高を記した杭が立っているだけでそれほど広くはない。15名ほどの団体と一緒になったが定員オーバーとった広さである。西に茅ケ岳
、東に昇仙峡、北には黒富士あたりが見える。日曜の甲府は、最高気温は35度2分だったがさすがに山頂は25度程度で快適でした。チョイ登りとはいえ2日たっても筋肉痛はまだとれていない。次はこの奥の八丁峠から黒富士へと登ろうかと考えているが天気次第で気が変わるであろう。

未分類 | 00:28:46 | トラックバック(0) | コメント(0)